夢ナビWebセレクション

広島市立大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • トランスナショナリズム、
  • 俳句、
  • 詩、
  • 詩人、
  • 芸術、
  • アメリカ、
  • 絵画・絵、
  • インスピレーション

20世紀アメリカの最もトランスナショナルな詩人、エズラ・バウンド

アメリカ・アイダホ州で生まれヨーロッパへ

 アメリカの20世紀詩人の中で重要な一人がエズラ・バウンドです。彼は1885年にアメリカ西部アイダホ州の田舎町で生まれました。その経歴は、ニューヨーク州ブルックリン出身のウォルト・ホイットマンやマサチューセッツ州ボストン出身のヘンリー・デイビッド・ソローやラルフ・ワルド・エマーソンのような、東海岸の初期のアメリカ詩人たちとは大変異なっています。しかし彼は、アメリカで最も国際的で、トランスナショナルな人物です。東海岸フィラデルフィアのペンシルベニア大学で学んだ後、ヨーロッパに移住したからです。そして、アイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツの秘書になり、イギリスに住んでいる間『New Age』という雑誌を出版しました。

詩を絵画のように描くイマジズムを提唱

 そこで彼は、英詩をシェイクスピアやワーズワースの詩のような、古いソネットやヴィラネッラの型ではなく、絵のように書くことを提唱しました。実際に彼の初期の詩はイマジズム(写象主義)と呼ばれ、絵画のような印象があります。最初はギリシャの伝説や神話からインスピレーションを得て、その後、日本や中国の芸術からも影響を受けました。特に日本の俳句が好きでした。彼の最も有名な詩は、俳句のように短い、『In a station of the metro(地下鉄の駅で)』というわずか2行の詩です。メトロはパリの地下鉄で、外国の情景について書く彼の視点はグローバルです。

多くのアメリカ詩人を世に出したことでも有名

 彼は、ほかのアメリカの詩人を世に送り出したことでも有名です。『The Waste Land(荒地)』が代表作のアメリカ・イギリス詩人、T.S.エリオットを紹介した最初の人です。また、ウィリアム・カルロス・ウィリアムズや最も有名なアメリカ詩人であるロバート・フロストも彼が見出しました。彼は、最もトランスナショナリズムな詩人と言えるでしょう。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも アメリカ文学、英語学


国際学部  准教授
マイケル・ゴーマン

先生の他の講義を見る
メッセージ

 私の講義では、シェイクスピアから現代の作家までの英語の詩を勉強したり、アメリカの田舎の生活を描いた映画を通してアメリカの文化や習慣を学んだりします。そして、講義はすべて英語で行います。英語やアメリカ文学・文化に興味があるなら、ぜひ一緒に英語をいっぱい使って英語が得意になりませんか? あなたに広島市立大学国際学部で会える日を楽しみにしています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.