夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 訪問看護、
  • 医師、
  • ケアマネージャー、
  • 病院、
  • 在宅医療、
  • 看護、
  • ケア、
  • QOL(クオリティオブライフ)、
  • 薬・医薬品、
  • 治療、
  • 患者、
  • 看護師

病院から在宅へ~これからの医療を支える訪問看護~

注目される訪問看護

 病院では、昼も夜も24時間絶えまなく、患者に医師や看護師が治癒にむけて集中した治療やケアを行っています。やがて急性期を脱すると慢性期の状態へと変わります。最近は、患者本人のQOL(生活の質)を高めるためと最近の医療費事情の観点から、早期の退院が勧められています。中には患者に症状が残っていたり、障がいが残った状態で退院になる人も多く、自宅で療養できるか心配になります。そこで注目されているのが、病院以外の自宅などで行われる在宅医療および「訪問看護」です。

患者の自己治癒力を高める在宅での療養

 病気が回復していくプロセスは、薬や手術などによる治療ももちろんですが、患者の自然治癒力をいかに引き出すかが重要です。自宅のほうがリラックスして生活できるのでその力を発揮しやすいと考えられます。自宅の患者にとって最も頻繁に接触する医療従事者が訪問看護師です。何回も会ううちに顔をみるだけで安心できるようになります。また、患者だけではなく、家族にとっても力強い味方となり、訪問看護師への期待は大きいものがあります。

役割がより幅広くなる訪問看護の魅力

 訪問看護の役割は病院看護と基本的には同じです。脈拍や体温を測り、異常がないか健康状態を看たり、また医師の指示による点滴やカテーテルの交換などの処置を行います。もちろん、患者に問題があれば、担当医師に報告して指示が出されます。病院と違うのは、看護師に任される範囲が広くなり、責任が重くなることです。もし不測の事態となったら、的確な判断力、決断力、コミュニケーション能力をフルに使って切り抜けなければなりません。責任が重い分、看護師としての能力を発揮しやすく、やりがいのある仕事といえます。また訪問看護は、看護師がひとりで行うのではなく、医師やケアマネジャーや介護従事者との関わりが出てきます。そのような人と協力して患者に対応するのでより幅広い見識が磨かれていくことになります。訪問看護は、いろいろな魅力があるといえます。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 地域看護学


医学部 看護学科 地域看護学 准教授
馬場 みちえ

メッセージ

 訪問看護は、患者の生きること=「健康」と、生きていくこと=「生活」を支えます。たとえ病気や障がいがあっても、自分の住み慣れた所で、好きな場所で、好きな人に囲まれて、自分らしく過ごすことができます。看護とは、人が持っている治る力、一人ひとりの生命力を支えることです。訪問看護は、日常生活の延長線上にあり、病院とは違った仕事の幅広さとやりがいがあります。あなたも患者さんの健康と生活を一緒に支えませんか。

先生の学問へのきっかけ

 看護師になろうと思ったのは高校生の時です。一生ずっと続けられる仕事につきたいと思っていて、その中で看護師は人の役に立てて、自立していてカッコいいと思ったからです。あるとき、患者さんの自宅に訪問する機会がありました。「やっぱり家がいい」と、とてもいい表情で言われたことが訪問看護師になったきっかけでした。日常生活の延長線上で療養している患者さんを支えたいと思ったのです。訪問看護師の活躍の場は、患者さんの自宅となります。これから社会情勢は大きく変化し、医療看護の世界も大きく変わってくるでしょう。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.