夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.05719

土壌の小さな穴が、地球温暖化を軽減する

土壌には無数の穴がある!

 土壌の中には植物の根の跡であるマクロポアと呼ばれる穴があり、水や空気の通り道として機能しています。土壌のレントゲン写真を撮ると、まるで人体の血管のように縦横無尽に走っています。森林に雨が降った場合には、素早く水を吸収し、その後ゆっくりと川にまで運んでいく役割を果たしています。また空気も通るので土を浄化する微生物を活性化することにも役立っています。このようにマクロポアは自然にとって大切な存在なのです。

荒れた土地を再生する

 林業が放棄された場合などに、樹木が増えすぎて太陽の光が地面にまで届かずに下草が全く生えていないような場所があります。水の吸収が悪くなって荒れ果てた土地を修復するために、マクロポアは大きく貢献します。
 地面に穴をあける人工マクロポアによって、土壌の中に水が入りやすくなって循環が改善されます。直径が約1cmの穴を深さ50cmくらいまで掘ります。ただ穴を開けただけだと崩れてしまうので、竹の繊維を中に入れて補強します。繊維であれば透水の役割も果たし、もし穴が崩れても繊維がマクロポアの代わりをしてくれます。竹は自然のものですから、自然に戻っても環境に負荷をかけません。

植物が増える

 低栄養な粘土質土壌では、透水性も悪く雨が降ると表面を水が流れてしまい、植物もあまり育ちませんが、人工マクロポアを導入した場所では、植物が緑豊かに育ちました。植物の数も増えました。それまでこの土地では地表面の水を吸って生えるような植物が多かったのに対し、人工マクロポアを作ると少し深い場所まで根を張った植物が生えていることがわかりました。さらに土壌の中に水を流し込むことによって、有機物も土壌の中に入り込むようになります。土壌の中の有機物量が増えて、炭素が土壌に貯蔵させることになり、大規模に人工マクロポアを作れば二酸化炭素が原因とされる地球温暖化も軽減することができるのです。

再生スピードを変更できます。

陸域最大の炭素貯蔵庫「土壌」の劣化と修復

夢ナビライブ2017 大阪会場

アイコン

土壌をレントゲンで見てみよう!

アイコン

排水性の改善で植物はどうなる?

アイコン

この研究でできること

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 環境学、地域環境工学

岡山大学
環境理工学部 環境管理工学科 教授
森 也寸志 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 あなたはいろいろなものに興味を持っていると思いますが、ぜひ「夢」を持って勉強するといいと思います。
 私は高校時代、物理や化学そして宇宙が大好きでした。大学で専門分野を土壌にしました。「土壌を学んで、その先どうしよう」と思っていましたが、土壌の研究を進めていくと、地球環境の保全に役立つことがわかってきました。もともとは農学で土壌を研究してきたのですが、夢が広がってテーマは地球科学に貢献する土壌の研究になってきました。あなたも夢を持ってがんばってください。

大学アイコン
森 也寸志 先生がいらっしゃる
岡山大学に関心を持ったら

 岡山大学は、これまでの高度な研究活動の成果を基礎として、学生が主体的に“知の創成”に参画し得る能力を涵養するとともに、学生同士や教職員との密接な対話や議論を通じて、個々人が豊かな人間性を醸成できるように支援し、国内外の幅広い分野において中核的に活躍し得る高い総合的能力と人格を備えた人材の育成を目的とした教育を行います。

TOPへもどる