夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.05378

組織論でAKB48を分析してみると……源流は京都にあった!?

組織論とは

 経営を簡単にいうと、目的を達成するために複数の人間が仕事を分担して協力し、アウトプット(産出)することです。例えば私たちが着ている服は、デザインする人や生地を作る人、縫製する人、販売する人など、大勢の人が仕事を分担して市場に送り出されています。この仕事の分担と協力を分業・協業といい、これをうまくするにはどうしたらいいのかを考える学問が経営学の組織論です。

AKB48のビジネススキーム

 では、組織論でAKB48(以下AKB)を考えてみます。有名な話ですが、AKBのメンバーは48人ではありません。チームA、チームK、チームBに所属する正規メンバーと、オーディションに合格した研究生で構成される、100人近い組織です。ここから、プロジェクトごとに顧客満足度と現場を考慮したグループやユニットを組むという戦略がとられています。例えば新曲のレコーディング、AKB劇場の出演、テレビ番組やCMなど、同じAKBでもそれぞれ顔ぶれが違います。プロジェクトごとに入れ替えがあるので、メンバーは選ばれるよう努力し技能を磨こうというモチベーションが高まり、それがAKBというブランドイメージの維持・向上につながっています。
 もうひとつの特徴は、彼女たち個人は別々の芸能プロダクションに所属するタレントであるということです。個人のマネジメントは所属事務所に任せて、全体のマネジメントはAKBの運営会社が行うことで、効率性を高めるというビジネススキーム(仕組み)です。

源流は京都の花街に

 このAKBのビジネススキームは、実は京都の祇園に代表される花街の仕組みと同じです。驚かれたでしょうか?
 お座敷で顧客をもてなす舞妓や芸妓は、置屋と呼ばれるプロダクション兼派遣会社のような事業者に所属し、お座敷ごとに(つまりプロジェクトごとに)複数の置屋から手配・編成されます。これはAKBの仕組みと同じです。
 一見、新しくて現代的に見えるAKBのビジネススキームは、実は350年以上も前に構築されていたのです。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 経営学、組織論、戦略論、マーケティング論

京都女子大学
現代社会学部 現代社会学科 准教授
西尾 久美子 先生

先生の著書
メッセージ

 経営学というと、ビジネスのことばかり学ぶのかと思うかもしれませんが、そうではありません。2人以上の人間が共通の目標のもとに何かをしようと組織を作れば、それは経営学の対象になります。経営学の理論を用いると企業はもちろん、AKB48やクラブ活動まで、今あなたが興味を持っている身近な組織の事例を分析することができます。
 時代が変わっても、ものごとの本質は意外と変わっていないもの。大学で一番大切なのは、その変わらない本質を探求する力をつけることです。4年間でそれをしっかり身につけてください。

大学アイコン
西尾 久美子 先生がいらっしゃる
京都女子大学に関心を持ったら

 京都・東山の麓にキャンパスが広がる京都女子大学は、全国各地から学生が集まる全国型の女子総合大学です。
 清水寺や三十三間堂、京都国立博物館などが徒歩圏内という場所にあり、京女生たちは歴史と文化の息づく環境の中で学生生活を送っています。各学科に様々な資格取得課程を設置。新たにキャリア教育も展開し、一人ひとりの夢の実現をサポートしています。京女生曰く「京女は居心地がよく、まじめが恥ずかしくない大学!」。未来の自分への一歩を、そんな京女で歩みだしませんか。

TOPへもどる