夢ナビWebセレクション

鳥取大学 医学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • がん(癌)、
  • 遺伝子、
  • 細胞、
  • 薬・医薬品、
  • RNA、
  • マイクロRNA、
  • タンパク質、
  • ヒトゲノム、
  • 分子、
  • 転移(医学)、
  • 治療、
  • マウス(ネズミ)、
  • 骨肉腫

がんの転移から命を守る~小さなRNA分子が示す大きな力~

がん治療の難題は転移を止めること

 がんは、早期に発見して治療すれば治る病気になりつつあります。しかし、多くの遺伝子変異を蓄積したがん細胞が増え続けると、やがて別の場所に転移してしまうのが難題です。転移したがん細胞は、極めて悪性度の高い細胞であり、いわば「がん」の超エリート。がん転移は、命を脅かします。多くの抗がん剤が開発され効果を上げてきましたが、がんの転移をくい止める薬はまだ実現していません。転移を防ぐことは、「がん」との戦いに勝利することを意味します。

タンパク質にならないRNAはガラクタ?

 RNAは遺伝子の情報を写し取って身体の構成要素であるタンパク質をつくりますが、2003年にヒトゲノム(ヒトの全遺伝情報)の解読が完了した際、タンパク質になる情報を持っていない領域がなんと全体の98%もあることがわかり、そこから生成される多くのRNAは当初、役に立たないガラクタと考えられていました。ところが近年の研究で、そういったRNAが細胞内や体内の環境を維持するために重要な役割を担うことが明らかになってきたのです。そのうちの一つがマイクロRNAと呼ばれる小さな分子です。
 マイクロRNAには、タンパク質をつくる量を調節する機能があります。がんとの関係を調べると、胃や腸、食道などがんができる場所によって、特定のマイクロRNAが正常な状態より増えたり減ったりしていました。

マイクロRNAに秘められた大きな力

 骨肉腫という骨のがんは、肺に転移する特徴を持っています。骨肉腫細胞を調べたところ、miR-143と呼ばれるマイクロRNAの減少が転移と関連することがわかりました。マウスで実験を行ったところ、miR-143を与えたマウスの8割は骨肉腫の肺転移を予防しました。この結果は、マイクロRNAの量を調節することで、がん細胞の増殖や転移を防ぐ可能性を示しています。
 マイクロRNAなど「核酸医薬」と呼ばれている治療薬は、次世代バイオ薬品として大いに期待されているのです。

1.0倍速 1.4倍速

特命! 「がん」の転移を予防せよ

夢ナビライブ2013 福岡会場

アイコン

ガン転移の恐ろしさ

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 生命科学


医学部 生命科学科 准教授
尾崎 充彦

先生の著書
メッセージ

 将来何がやりたいのかを考えて、その目的を達成するために大学進学という進路を選んでほしいと思います。「これをやりたい!」という情熱が後の人生を大きく左右するのです。そして大学では専門分野のみならず、幅広い知識を吸収してください。既知か未知かを知ること、今のテクノロジーでできることと、まだできないことを知ることが、あなた自身の独創的な目標設定に役立つからです。大学進学が人生のゴールではありません。若い時期、臆することなく貪欲にチャレンジして、夢に向かってがんばってください。

先生の学問へのきっかけ

 高校生の頃から「漠然とした目標だけど、将来はがんを治す薬をつくってみたい」と思っていました。医学部に進み、顕微鏡で実際にがんの組織を目にした時にすさまじい衝撃を受けました。正常な組織は細胞がきれいに並んでいるのですが、ひとたびがんになると細胞の形も並び方も無秩序で滅茶苦茶になっているのです。それ以来、「がんという“生き物”がどんなものなのかもっと知りたい」と、研究にのめり込みました。研究は、地道な努力の積み重ねで、すぐに結果が出るものではありませんが、治療に役立った時、初めて報われるものです。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

大学教員、公的研究機関研究員、警察科学捜査研究所研究員、自治体行政職員、製薬会社研究員・MR、食品メーカー研究員、化粧品メーカー研究員、ヘルスケア企業研究員、医薬品開発業務受託企業開発員、医療系出版社営業、胚培養士など

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.