夢ナビWebセレクション

名古屋女子大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 食事、
  • 肌、
  • ホルモン、
  • 栄養、
  • 管理栄養士、
  • 文化、
  • おいしさ、
  • 免疫力、
  • 血流、
  • 脳、
  • 時間、
  • 朝食

美と健康はおいしい食事と規則正しい生活リズムから

「美肌」は毎日の食事から

 憧れの美肌を手に入れようと、洗顔や化粧水に気を使っている人もいることでしょう。しかし皮膚のケアで肌の調子を維持できるのは実は3割で、残りの7割は食事が関係しているのです。
 肌のためには午後7時頃までに夕食を摂り、午後10時には眠りに就く生活が理想です。なぜなら午後10時から午前2時の間が、細胞の生成を助ける成長ホルモンが盛んに分泌される時間帯だからです。規則正しい生活を守り、各種のホルモン分泌のバランスを崩さないようにしましょう。

健康な身体で集中力アップ

 もちろん肌だけではなく、健康を維持するためにも食事は重要です。特に朝食は眠っている間に下がった体温を上げて、身体の1日のリズムを整えます。すると免疫力が上がって風邪をひきにくくなり、脳内の血流も増えて集中力がアップするのです。
 しかし食事はただ摂ればよいというものではありません。好きだからと同じものばかりを食べたり、濃い味の外食が続いたり、ダイエットだからとじゅうぶんな量を食べなかったりすると、栄養バランスが崩れ健康を損ねてしまいます。いろいろなものを朝昼晩の決まった時間帯に、家族や友だちと会話を楽しみながら食べるようにしたいものです。目安として、一食の中に赤白黄緑黒の5色がそろうと、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルのバランスが取れると言われています。

おいしさが長続きの秘訣

 とはいえ、食事自体がおいしくなければこの試みは長続きしないでしょう。食の専門家である「管理栄養士」は、おいしくてバランスの取れた食事の指導を行う人材として、学校や病院、企業などで活躍しています。管理栄養士になるには、例えば味噌汁をつくるにしても、どんな食材を使い、どのくらい煮るかなど、どのような調理法でつくればおいしく感じるのかを科学的、実践的に身につける必要があります。
 また食事には文化も影響しています。おいしさの感じ方は国や地域、家庭の中で育まれるのです。これらも含めて、管理栄養士には知識と技術が求められています。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 栄養学、臨床栄養学


家政学部 食物栄養学科 教授
片山 直美

先生の著書
メッセージ

 受験を控えたあなたがしなくてはならないことは、「早く寝て、早く起きて、朝ごはんをしっかり食べること」です。大学の入学試験は、朝から開始されます。したがって、それに挑むためには、朝の時間帯から頭が働くように身体のリズムを整えることが大切です。よく眠ると、寝ている間に記憶が再構築されて、残りやすくなる利点もあります。それに加えて朝ごはんをしっかり食べると、脳に必要な栄養が行き届き、脳が活発に働くのです。ですから、ぜひ朝型の身体に変えて、入学試験に備えましょう!

先生の学問へのきっかけ

 現在の専門分野に興味を持ったのはカリフォルニア大学に2年間留学した時に、「宇宙飛行士の食事の重要性」を学んだのがきっかけでした。無重力では骨への刺激がありません。そのためストレスが生まれカルシウムが骨から血液に出てしまい、骨がもろくなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になります。また、味覚や嗅覚が変化し地上とは違った食事が必要であること、筋肉の衰えを防ぐために宇宙船の中で食事と運動の両方を管理しなければならないことなど、興味深い栄養学を学んだのです。そして、帰国してからも栄養学の研究を続けました。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

食品企業
名古屋女子大学大学院:卒業後 病院管理栄養士、福祉施設管理栄養士、給食委託業、化粧品会社、薬局、栄養教諭、栄養職員、官庁行政職、保健所、高校家庭科教諭、福祉施設、病院

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.