夢ナビWebセレクション

福岡大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 薬・医薬品、
  • 薬剤師、
  • 臨床試験、
  • 医師、
  • 病院、
  • 新薬、
  • 製薬会社、
  • 患者、
  • 副作用、
  • チーム医療

薬を育てる! ますます重要になる臨床での薬剤師の役割

薬剤師の臨床試験で新薬は使いやすくなる

 薬剤師というと製薬会社で新薬を開発したり、病院では医師が処方した薬を調剤したりすることが、役割だと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、現在の薬剤師の役割はそれにとどまりません。新薬の開発について言えば、薬が販売される前に、その安全性や効果を確かめるために、患者に実際に薬を投与する臨床試験を行います。しかし、開発段階では、妊婦や授乳婦、子ども、肝臓や腎臓の悪い人などは、危険性があるため臨床試験の対象からは外れています。そこで、新薬が発売されたら、病院などの医療機関では、臨床試験の対象にならなかった人にも投与しながら、より多くの人にとって有効で安全な薬の使用方法を研究しているのです。これを「育薬」研究と呼んでいます。

薬剤師の臨床診断が医師の治療を助ける

 一方、薬剤師は薬のプロとして医師を助けています。昔と違って薬の種類は多く、すべてを医師が把握できないため、その効果や副作用情報は専門家である薬剤師から得ています。また、実際に処方された薬の効果や副作用を継続的にモニターし、次の処方に役立つような情報を医師に提供するのも薬剤師の役割です。薬剤師は単に医師の処方した薬を調剤しているだけではないのです。薬剤師の臨床判断に基づく発言は、医師が治療を行う場合の重要な情報源となっています。

チーム医療では薬以外の要望にも応える

 このような臨床分野での薬剤師の役割は、チーム医療においても重要になっています。チーム医療とは、それぞれの医療分野の専門家が一緒になって患者をサポートしていくことです。その中で薬剤師が関わる分野は、低栄養患者のケアや院内の感染の防止、入院患者に対する床ずれの治療や予防、さらに化学療法が必要となる抗がん剤治療、がん患者の症状緩和、糖尿病患者のケア、救命処置など多岐にわたります。ほかの医療メンバーや患者からの要望に応じて、薬剤師はさまざまなサポートを行っているのです。薬剤師の活動の幅は広がり、その重要性が高まってきています。

1.0倍速 1.4倍速

医療からの薬学への招待

夢ナビライブ2016 福岡会場

アイコン

薬学部生に求められること

アイコン

地域医療における薬剤師

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 薬学


薬学部 薬学科 教授
神村 英利

先生の著書
メッセージ

 薬学は生命の神秘を化学で解明していく学問です。薬を創るだけでなく、創った薬を安心して、安全に使ってもらうように、「薬を育てる」学問でもあります。そのため、英語と理科と数学が好きだという人、病気を治すことを通じて社会に貢献したい人に向いています。英語は学術文献を読むため、数学は統計データを理解するために必要です。しかし、どちらも高校の授業を理解していればじゅうぶん対応可能です。また、授業の一環でもいいので、ボランティア活動をして、社会への貢献意識を養っておくとよいと思います。

先生の学問へのきっかけ

 受験勉強の際に、恩師の病死を経験し、医療系の学部に進もうと思うようになりました。そして、数学と理科が好きだったので、進学先を薬学部にしました。卒業後は薬の研究開発をしていましたが、自分たちが開発した薬が医療現場でどのように使われているかに興味をもつようになり、病院に転職しました。そのような興味を強く感じるようになったのは、大学院でカネミ油症治療薬の開発研究に取り組んでいた時に、油症の患者さんから医療への不満を聞いたことがきっかけです。現在は、福岡大学の薬学部で教える傍ら、関連病院に勤めています。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

病院/薬局/ドラッグストア/製薬会社(開発研究・医薬品情報・マーケティングなど)/臨床試験受託会社/医薬品卸売販売業者(管理薬剤師)/化粧品会社(開発研究)/食品会社(開発研究)/大学教員/官公庁

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.