夢ナビWebセレクション

鳥取大学 工学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • ディスプレイ、
  • テレビ、
  • 液晶、
  • プラズマ、
  • 有機EL

いろいろな使い方に合わせて進歩する電子ディスプレイ

電子ディスプレイの変遷

 テレビやパソコン、携帯電話、デジタル時計など、私たちの身近な製品に使われている“電子ディスプレイ”。薄型化や小型化・軽量化が進んでいますが、どのように進歩してきたのでしょうか?
 電子ディスプレイは長い間、ブラウン管が主流でした。近年では、それがプラズマディスプレイや液晶ディスプレイに代わってきています。ブラウン管の場合、画面上に塗った蛍光体に電場や磁場によって曲げられた電子を照射することで、絵を映していました。一方、プラズマディスプレイは、希ガスに電圧を加えて放電させることによってエネルギーの高い紫外線を発生させ、それで蛍光体を光らせて絵を映します。

電力消費量の少ない液晶ディスプレイ

 液晶ディスプレイでは、液晶自体は光を出しませんので、背面に小さな蛍光灯や白色発光ダイオードなどにより構成されるバックライトが配置されています。そして液晶パネルが、バックライトからの光を通したり通さなかったりするスイッチのような役割を果たし、パネル表面まで到達した光が絵となって現れてくるのです。
 液晶ディスプレイとプラズマディスプレイを比べると、液晶ディスプレイのほうが電力の消費量が少なくて済みます。家庭の電力消費量は、テレビと照明で4分の1以上を占めるので、ディスプレイの電力消費量を少なくすることは環境への配慮につながります。今後一層、エネルギー効率を考えたディスプレイが求められるでしょう。

進歩するディスプレイ

 テレビもパソコンも製品が誕生した当初は重たいブラウン管が主流で、それを必要な場所に置き、その場所で使うだけでした。しかし小さなスペースにも置きたい、持ち運びたいなどのニーズによって、薄型化・小型化・軽量化された製品が登場しました。最近では、有機化合物を使った有機ELディスプレイの研究が盛んに行われています。壁かけタイプや折りたたみタイプ、3Dなど、より柔軟な使い道ができるように、ディスプレイの進歩は続いているのです。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 電気電子工学


工学部 電気情報系学科 教授
大観 光徳

先生の他の講義を見る
メッセージ

 鳥取大学工学部附属の電子ディスプレイセンターの運営に携わっています。ここでは新しいタイプの液晶ディスプレイの研究をしています。今までにないものをつくり出すには創造的な発想が必要です。興味や疑問を工夫して、解決するセンス、それは勉強だけで身につくものではありません。子どものときに思いきり遊んだ経験、好きなことに熱中した経験とともに育っていくのです。受験勉強は大変だと思いますが、そういった遊び心や好きなものにのめり込む気持ちを忘れずに持っておいてください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.