夢ナビWebセレクション

鳥取大学 工学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 紙、
  • 学校、
  • 液晶、
  • 黒板、
  • ディスプレイ、
  • 発光ダイオード(LED)、
  • ノート、
  • 電子ペーパー

電子ペーパーで紙を使わない社会を実現する

電子ディスプレイの進化形、電子ペーパーとは

 近年、液晶などの電子ディスプレイは薄型化・小型化・軽量化が進んでいます。近い将来、紙を使わない「電子ペーパー」が普及することでしょう。電子ペーパーとは、紙のように薄い画面に、紙への印刷と同じような高品質で文字や絵を映して見ることができる、電子ディスプレイの進化形です。紙のように薄いのですから、持ち運びにも便利です。
 電子ペーパーは従来の液晶ディスプレイのように、中にあるバックライトや発光ダイオード(LED)が液晶パネルを照らすのではなく、日光や室内の蛍光灯などを使って文字や絵を映し出します。現在は、文字や静止画だけでなく動画を映すための研究開発も進められています。

紙と同じような感覚で使う

 電子ペーパーは、指先で本のページをめくる感覚で画面を切り替えることができます。さらに電子ペーパーは消費電力が少ないことも特長です。例えばノート型パソコンの場合、液晶パネルの背面にあるバックライトが電力を多く消費します。バックライトを使わない電子ペーパーは、画面を表示するのにごくわずかな消費電力で済むのです。1回の充電で長時間使うことが可能で、さらに軽く薄いので、まさに手帳やノートと同じように持ち運び、使用することができます。また、新聞や電車内の吊り広告のような大きなサイズの電子ペーパーも既に開発されています。

学校でもペーパーレス

 電子ペーパーが普及すれば、学校の授業が様変わりすることでしょう。今はまだ紙と鉛筆・シャープペンシルなどを使って文字を書くことが主流ですが、先生が電子黒板で教え、生徒は電子ペーパーとタッチセンサーをつけたペンでノートをとる、そんな時代がくるかも知れません。先生は各生徒のノートを瞬時に確認できますので、先生と生徒が授業中に画面を通じてオンラインでやりとりすることも夢ではありません。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 電気電子工学


工学部 電気情報系学科 教授
大観 光徳

先生の他の講義を見る
メッセージ

 鳥取大学工学部附属の電子ディスプレイセンターの運営に携わっています。ここでは新しいタイプの液晶ディスプレイの研究をしています。今までにないものをつくり出すには創造的な発想が必要です。興味や疑問を工夫して、解決するセンス、それは勉強だけで身につくものではありません。子どものときに思いきり遊んだ経験、好きなことに熱中した経験とともに育っていくのです。受験勉強は大変だと思いますが、そういった遊び心や好きなものにのめり込む気持ちを忘れずに持っておいてください。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.