夢ナビWebセレクション

鳥取大学 工学部の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 海岸、
  • 防災、
  • 土木、
  • 侵食、
  • 砂丘、
  • サンドリサイクル、
  • 離岸流、
  • 鳥取砂丘、
  • 土木工学、
  • 港、
  • 防波堤、
  • シミュレーション、
  • 鳥取県

安全な暮らしを支える技術

美しい海岸を守りたい

 日本最大の砂丘、鳥取砂丘。その鳥取砂丘の海岸が日々変化していることを知っていますか? 海岸近くに港や防波堤などの構造物をつくると、潮の流れが変わって砂浜が侵食されることがあります。近年では、港の拡張工事や河川の工事などの影響で海岸侵食が進んでいるところの一つが鳥取砂丘海岸です。何もしないでいると、美しい砂浜がなくなってしまうかもしれません。守るための対策として、現在、鳥取砂丘海岸では、「サンドリサイクル事業」が行われています。
 サンドリサイクルとは、砂がたまっている場所から侵食されたところへ砂を移し、砂浜を復元するシステムです。鳥取砂丘の西側には千代川(せんだいがわ)が流れていますが、砂丘海岸から削られた砂は、千代川の河口や鳥取港の港内に流れ込んで堆積します。そのたまった砂を船で輸送して、侵食の大きい海岸へ戻すのです。この方法は、砂浜を守る有効な手段として事業展開されています。その事業の有効性を判断する方法のひとつとして、シミュレーションが必要とされます。

海の防災システム

 橋を架ける、道路を整備するなど、土木技術は私たちの生活の基盤を支えています。その技術をつくりだす土木工学では、災害に備える研究も行われています。
 海水浴客が沖へ流される、海難事故の起こることがあります。これは、岸から沖に向かう強い流れ「離岸流」の影響です。巻き込まれると泳ぎの上手な人でもおぼれてしまう危険な流れです。自然が相手なので予測は難しいのですが、地形や波、風の状況をシミュレーションして、将来的には離岸流を予報できるようになることが望まれています。
 また、大地震のあとには津波を警戒しなければなりません。津波に対する備えも大切なことです。最近では、いかに住民を迅速に避難させるか、防災意識を高める取り組みが行われています。このように、建物を建てて災害を防ぐ「ハード防災」に対して、「ソフト防災」の考え方も徐々に広がってきています。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 土木工学・海岸工学


工学部 社会システム土木系学科 教授
黒岩 正光

先生の他の講義を見る
メッセージ

 とにかく、夢を持ってほしいです。夢があると、勉強したい方向が決まってきます。研究室の学生にも言っていますが、「難しいとは言わないで、何でも楽しんでやろう」という意識を持ちましょう。私は大学受験のときに「日本の国土は狭いけれど、海があるではないか! 海に家をつくってみたらどうだろうか」と考え、海洋土木のある大学を目指しました。鳥取は海岸工学が発祥したところです。海や美しい砂丘があります。この自然に恵まれた環境で、土木・海岸工学を通して社会のために何ができるのか、一緒に考えてみませんか?

先生の学問へのきっかけ

 高校生のときに考えていたのは、「日本は島国なので、人口が増えると住むところが少なくなるので、海上や海中、海底に家を造れないか」といった夢のようなことでした。そこで、鳥取大学の海洋土木工学科に入学しました。そして卒業研究では海岸工学研究室に所属しました。海洋構造物の研究がしたかったのですが、指導教授から海の砂の動きに関する研究テーマを与えられ、鳥取砂丘の砂浜海岸で調査と研究を行いました。そしてその研究が海岸侵食を防ぐために必要で重要な研究であることを知り、日本の国土を守るために研究を続けています。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.