夢ナビWebセレクション

福島大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 都市交通、
  • 環境、
  • 音響学、
  • 騒音、
  • 社会問題、
  • 規制、
  • 音、
  • 放送

個人の意識が、地域の音環境を変える

騒音と「必要な音」を分けるもの

 音は自然に耳に入ってくるものですから、視覚情報以上に取捨選択ができません。その音が騒音になるかどうかは、音量だけでなく、その受け取り手である共同体にその音が必要と思われるか否かが深く関わっています。
 例えば、時刻を知らせる拡声器による放送は、住民たちが同じような生活をしている漁村などでは必要な音として受け入れられます。しかし、都会から「静かな生活をしたい」と移り住んで来た人にとっては迷惑なときがあります。うるさいと感じる人が古くからの住民を上回るようになれば、放送は騒音としてとらえられ、止められてしまうこともあります。
 また新興の私立の学校で、苦情がくるために自校で運動会が開けないということがあるそうですが、運動会が地域の共有の行事になっているような昔ながらの学校では、相当大きな音を出しても騒音とは言われません。

クラクション騒音を解決した市民運動

 音の問題は、音響学だけでは解決できません。まちづくりや環境の問題でもあり、心理学や社会学とも関わってきます。
 顕著なのが、クラクションの騒音の例です。1950~60年代初頭、日本でも問題になりました。
 まず行われたのが、法による規制でした。音響学に基づいた音量の基準で規則を作り、警察が取り締まったのです。しかし「音」は一度出してしまうと消えてしまうものなので、証拠が残りません。結局、取り締まりがある時にしか音を減らす効果がありませんでした。
 問題を解決したのは、大阪市が行った「町を静かにする運動」でした。市民それぞれのクラクションに対する意識を変えることで、騒音が少なくなったのです。それまでクラクションを鳴らして行われていた無茶な運転も減り、交通安全も守られるようになりました。
 鉄道の騒音のように、動かすとどうしても出てしまうような音に対しては規制で解決することができます。しかしクラクションのような人の意志による音の問題は、どれほど優れた法律を作っても、個人の意識を変えなければ解決できないのです。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも サウンドスケープ論


共生システム理工学類 人間支援システム専攻 准教授
永幡 幸司

先生の他の講義を見る
メッセージ

 「良い音環境に住みたい」という思いが、僕の原動力。その思いを実現するために、音響学的(理系的)手法から社会学的(文系的)手法まで、使えるものは何でも使った研究を進めています。音が好きだからこそ、飽きずに続けられる研究です。大学は、自分が好きなことを突き詰められる場。これは、音の世界には限りません。あなたにも「より良くするために、どうしたらいいのか」を徹底的に考えられるような、自分が本当に好きな分野を見つけてもらいたいと思います。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.