夢ナビWebセレクション

福島大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 視覚障がい者、
  • バリアフリー、
  • 音、
  • 音響、
  • 信号機

音環境のバリアフリーとは

音響式信号機の「ピヨピヨ」について考える

 「ピヨピヨ」「カッコー」と鳴いて、信号の変化と進むべき方向を知らせる音響式信号機について考えてみましょう。視覚障がい者の人たちの横断に役に立っているのは確かですが、今のシステムがベストとは言い切れません。まず、音だけに頼って真っ直ぐに歩くことは容易ではありません。点字による誘導ブロックに従って歩いた方が、より安全に歩けます。
 もう一つが音の大きさの問題。視覚障がいのある人が方向に迷うことなく歩けるようにするためには、ある程度大きい音が必要ですが、1日中その音を聞き続ける近所の住民にとっては信号が生活の妨げになることがあります。実際、住民からの苦情で、視覚障がいのある児童が通う特別支援学校前の音響式信号機の音量を小さくすることになったということもあります。特別支援学校の前でさえ、騒音の苦情が出てしまうのです。今の音響式信号機のシステムでは、視覚障がい者と周辺住民それぞれの生活を両立するのは難しいと言えます。

「ピヨピヨ」に替わる「カタカタ」の音とは

 解決策の一つとして、最近、日本中に広まりつつある「エスコートゾーン」があります。点字ブロックのような凹凸のあるエリアを横断歩道の真ん中に敷いたものです。視覚障がい者が渡る方向をエスコートゾーンが誘導してくれるので、音響式信号機は信号がいつ青に変わって、いつまで渡れるかという信号の変化だけを伝えればよくなります。これなら従来ほどの音量はいりません。
 また、ヨーロッパやオセアニアで使われているのは、腰ほどの高さでハイヒールのような「カタカタ」という音を立てる信号です。日本の音響信号は3メートルもの頭上にあり、立った人の耳の位置で聞こえるようにするためには音量を上げなければなりません。このため2階や3階に住んでいる人には非常に大きく聞こえてしまいます。しかし腰の高さの音響式信号機から出る音なら、信号周辺に住んでいても、家の中まで音が響かないのです。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 共生システム理工学類


共生システム理工学類 人間支援システム専攻 准教授
永幡 幸司

先生の他の講義を見る
メッセージ

 「良い音環境に住みたい」という思いが、僕の原動力。その思いを実現するために、音響学的(理系的)手法から社会学的(文系的)手法まで、使えるものは何でも使った研究を進めています。音が好きだからこそ、飽きずに続けられる研究です。大学は、自分が好きなことを突き詰められる場。これは、音の世界には限りません。あなたにも「より良くするために、どうしたらいいのか」を徹底的に考えられるような、自分が本当に好きな分野を見つけてもらいたいと思います。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.