夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.01312

能動スコープカメラで災害救助

がれきのすき間を縫って、自立的に進入

 現在、研究開発が進んでいる「能動スコープカメラ」は、災害現場への適用が最も期待されている、ヘビ型のレスキューロボットのひとつです。建物が崩壊したがれき内での捜索や情報収集を目的としています。
 ケーブルの先端にカメラが付いたビデオスコープの表面に繊毛振動駆動と呼ばれる駆動機構が付けられており、狭いがれきの空隙を縫って内部に進入していくことができます。また、ケーブルをねじったり、頭部を動かしたりすることによって進行方向を操縦することができ、3 cm程度のすき間があれば、深さ8 mの奥まで、内部を撮影することができます。これができるのは、世界中で能動スコープカメラだけです。

建設現場崩落事故の原因調査に活躍

 2007年12月に、米国Jacksonville(フロリダ州)で建設現場の崩落事故が発生しました。その事故原因調査のために、能動スコープカメラに出動要請がありました。ほかの手段では倒壊がれきの内部の様子を調べることができなかったためです。2008年1月の調査で、「柱に入った亀裂の方向や長さ」、「コンクリート剥離片の断面の状態」といった災害が起きた原因の証拠となる映像を、がれき奥深く7 mまで進入して撮影することに成功したのです。
 そこには、FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)の都市災害救助の専門家も同行していましたが、これは人命救助への有効性を明らかに示したものだ、と高い評価を受けました。
 その後、2009年3月にドイツで発生したケルン公文書館崩落事故の救助活動に出動しましたが、現場があまりにも危険であったため、実際に適用することはできませんでした。
 レスキューロボットの歴史は浅く、ロボットのおかげで人が生存救出されたという事例はまだありません。しかしながら、科学技術は日進月歩で発展しており、近い将来、ロボットが救助に不可欠の「道具」として活用されようになることは間違いありません。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも ロボット工学

東北大学
大学院情報科学研究科  教授
田所 諭 先生

先生の他の講義を見る
メッセージ

 科学技術は、人の幸せのために存在するのだと思います。レスキューロボットの研究開発は、人の命を救うためにどのような科学技術が必要であるかを考えることです。将来、研究成果が社会で役立つ日が訪れることは間違いなく、それが一つのやりがいです。社会への貢献に夢や興味を持つ人に来てもらいたいと思います。
 ロボットは多くの人の協力で開発されます。開発に関わった学生は力を合わせて新しい価値を創造する能力が自然と身につき、将来一流の仕事を果たす技術者・研究者として不可欠な素養が養われます。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

車メーカ 開発、電機メーカ 開発、産業用ロボットメーカ 開発、建機メーカ 開発、工作機械メーカ 開発、電子部品メーカ 開発、機械部品メーカ開発、鉄鋼メーカ 設備開発、大学教員、建設会社研究所研究

大学アイコン
田所 諭 先生がいらっしゃる
東北大学に関心を持ったら

 建学以来の伝統である「研究第一」と「門戸開放」の理念を掲げ、世界最高水準の研究・教育を創造しています。また、研究の成果を社会が直面する諸問題の解決に役立て、指導的人材を育成することによって、平和で公正な人類社会の実現に貢献して行きます。
 “2009年”― 社会から知の拠点として人類社会への貢献を委託されている東北大学の教職員、学生、同窓生が一丸となって、「Challenge」、「Creation」、「Innovation」を合言葉として、価値ある研究・教育を創造して、世界の人々の期待に応えていきたいと考えています。

TOPへもどる