夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.01251

情報爆発でますます注目されるデータ科学

さまざまな分野で必要性が増すデータ科学

 データの分析というとデータをまとめる統計の分野と考えている人が多いかもしれません。しかし、今では対象となる領域が広がり、いろいろな専門分野ともつながりながら、大きな役割を担うようになってきました。この背景にあるのは「情報爆発」と言われる情報の急速な増加です。すぐに思いつくのは、インターネットの情報です。今ではわからないことがあれば、ネットで検索するだけでほとんどのことがわかってしまいます。それだけではなく、コンピュータやセンサーなどのハードウェアの進歩によって、以前なら取得できなかったさまざまな情報が取得できるようになっています。ゲノム情報はその例です。ゲノム情報の解析から、数学、医学統計科学、情報学などの知識を総合的に用いて生命の機能を解明する「バイオインフォマティクス」という新しい学問が誕生しました。地球の気候変動に関する情報もこれから重要になるでしょう。理系も文系も関係なく、データを扱う領域なら、データ科学は重要な学問となっています。

不要な情報をいかに取り除くかが重要

 情報爆発は、統計の分野に大きな影響を与えています。統計学は、情報の背後にある「真実」を見いだし、未来を予測することが一つの目的です。情報の量や、情報の種類の数が少ない時は、分析は割合やさしい。しかし、情報が膨大になったため、従来とは全く違ったアプローチが必要になったのです。例えば、すべての種類の情報を扱うことで正確さをめざせばめざすほど「真実」が遠のくというジレンマに陥ったのです。そこで重要になってきたのは、不要な情報をいかに取り除いていくかという方法論です。ところが、取り扱う分野によって情報の構造が違うため、共通の理論で解決するというより、その都度新しい理論を考えることが求められているのです。情報爆発が進む中で、データ分析の対象となる領域はさらに広がっていくでしょう。この分野は、すべての学問を包み込み、未来に向かって有用な知識を提供する大きな可能性を持っています。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 環境学部

広島工業大学
環境学部 建築デザイン学科 教授
廣瀬 英雄 先生

メッセージ

 多様な情報が大量に氾濫する中で、これらの情報をいかに活用するかが社会の中での重要なテーマになっています。モノをつくってもなかなか売れない時代、情報活用は企業経営のなかで大きな部分を占めています。また、伝染病や災害、紛争など社会的な危機管理を行う点でも、データから未来を「予測する」ことも求められます。たんにデータを集計するだけではなく、「データを科学する」という視点を持てば、統計科学はこれからますます面白く、可能性のある分野です。多くの若い人に関心を持ってほしいですね。

大学アイコン
廣瀬 英雄 先生がいらっしゃる
広島工業大学に関心を持ったら

 広島工業大学は、工学部、情報学部、環境学部、生命学部の4学部・12学科および大学院工学系研究科の1研究科・7専攻で構成される理系総合大学です。「社会・環境・倫理」というキーワードのもと、人を幸せにする技術者の育成をめざしています。
 一人ひとりをしっかり育てる教育で、全国トップレベルの就職実績を実現。また、経済面を支援する「HITスカラシップ制度」や女子学生を全面的にバックアップするJCD(女子キャリアデザイン)センターを設置するなど、皆さんの学生生活をしっかり応援します。

TOPへもどる