夢ナビWebセレクション

山形県立保健医療大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 作業療法、
  • ジャンヌ・ダルク、
  • 作業療法士、
  • 障がい者、
  • リハビリテーション

裁判から生まれたリハビリテーション

ジャンヌ・ダルクの死がきっかけ

 「リハビリテーション(Rehabilitation)」という言葉は、中世のヨーロッパで生まれたものです。そのきっかけとなった人物が、フランスの英雄として知られるジャンヌ・ダルクです。
 彼女は「魔女である」と、1431年に火あぶりの刑に処せられました。しかしジャンヌ・ダルクの死後、彼女の罪の有無をめぐって、再び裁判が行われます。結果、1456年、ローマ教皇が「ジャンヌ・ダルクは無罪である」と判決を下しました。このときの裁判は「リハビリテーション裁判」と呼ばれ、初めてリハビリテーションという言葉が使われました。
 リ(re)は「再び」、ハビリス(habilis)はラテン語の形容詞で「適した、ふさわしい」、ーション(-ation)は「~すること」という意味があります。ジャンヌ・ダルクの無実が証明されたことは、「再び適したものにする」「再びふさわしいものにする」ということで、そう命名されたのです。

もともとは傷病兵を社会復帰させる場

 リハビリテーションという言葉が医学の世界に用いられるようになったのは1917年です。第一次世界大戦中、アメリカの陸軍病院に「身体再訓練(現在の機能訓練)およびリハビリテーション部門」が設けられました。身体に障がいはあるけれど、命のある傷病兵(しょうびょうへい)を社会復帰させ、最終的には職業復帰させようという目的で始まりました。
 そして現在、リハビリテーションという言葉は「身体的・精神的な部分の能力を回復させる活動」という意味で用いられています。「病院でリハビリをする」など、短縮して呼ぶことが多いですね。
 リハビリテーションの中には作業療法というものがあります。作業療法は「作業(活動)を通して、障がい者にリハビリをさせること」。これを仕事の一つにしている職業が作業療法士です。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 保健医療学部


保健医療学部 作業療法学科 教授
藤井 浩美

先生の他の講義を見る
メッセージ

 作業療法士は「日常生活を科学する」ことが大切です。これは、自分たちの生活を科学的に捉えるということ。普段、カレーライスを食べるにしても「どう食べれば動作的に効率がいいか」「鎖骨を折って腕が上がらなかったらどう食べればいいか」などと考えることです。障害のある人の生活分析の第一歩は自分の生活を分析することです。
 私たちの仕事は運動・動作・行為の分析からはじまります。数学や物理、生物など理系の知識は、日常生活を分析するための基本です。卒業生は作業療法士の国家試験受験資格が得られ、就職率は非常にいいです。

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.