夢ナビWebセレクション

山形県立保健医療大学の教員によるミニ講義

関心ワード
  • 開発、
  • 福祉用具、
  • 障がい、
  • 作業療法士、
  • アイデア

作業療法士のアイデアで生まれる福祉用具(自助具)

障がいを障がいではなくする道具

 福祉用具は「利き手が使えない」「一人で立ち上がれない」など、何らかの障がいのある人々をサポートしてくれる道具です。手すりや階段昇降機など、いろいろなものがあります。
 作業療法士の仕事の一つに、対象者の状態と福祉用具の効果の十分に把握した上で、福祉用具を選択します。その際、福祉用具を使った時のリスクの予測・管理も重要な課題です。

利用者の思いを察して考案

 福祉用具の中に、自助具(じじょぐ)というものがあります。自助具とは、障がい者が他人の助けを借りなくても動作ができるように考案された道具です。作業療法士のアイデアで生まれたものも数多くあり、その一つが、箸を持ちやすいようにサポートしてくれる自助具です。
 箸は日本人が食事をする際に欠かせない道具ですが、利き手に障がいがあり、指先の細かな動きができなくなってしまった場合、これまでのように、箸を自由に使いこなすのは困難です。若い世代であれば、「スプーンやフォークを使って食事をすればいい」と考える人も多いようですが、高齢者の中には「食事をするときは必ず箸を使いたい」と希望する人もいます。使いやすくて代用できる器具があっても、「それは使いたくない」という人もいます。ですから、スプーンやフォークがあっても、箸を持ちやすいようにしてくれる自助具が存在するのです。
 このように、自助具を作る際は、障がいのある方々の思いに気付き、その障がいをサポートしてくれるであろう道具がどんなものか考え、見つけ出すことが大切です。

創意工夫で使いやすさを追求

 市販の自助具のほとんどは、そのままでは使いにくい部分もあります。手直しをして使うのが一般的で、この手直しも作業療法士の役目です。
 福祉用具、自助具の開発・手直しには、作業療法士の工夫とアイデアが生かされています。

再生スピードを変更できます。

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 保健医療学部


保健医療学部 作業療法学科 教授
佐藤 寿晃

先生の他の講義を見る
メッセージ

 最近、「ヒト上肢運動機構における神経生理学的および機能解剖学的研究」に力を入れています。簡単に説明しますと、人の動きのしくみを解明していく研究です。「なぜヒトの手指はこまかな動きをスムーズにできるのか」がこの研究を始めるきっかけです。作業療法士は人と接する仕事なので、「人が好き」ということが第一です。学生には「人の役に立つ作業療法士を目指そう!」と言っています。いろいろ分からないことがありましたら、tsato@yachts.ac.jpへ気軽にお問い合わせください。

先輩たちはどんな仕事に携わっているの?

国家試験合格後、1.医療施設関連(大学病院、リハビリテーション専門病院など) 2.福祉施設関連(介護老人保健施設、特別養護老人保健施設など) 3.行政機関 4.その他(教育機関など)

TOPへもどる

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.