夢ナビ夢ナビは、さまざまな言葉をデータベースから検索・閲覧し、将来の進路を決める“きっかけ”を提供します。

講義No.00888

会話にはルールやサインがある

「そのうち」っていつ?

 コミュニケーションには数々の誤解がつきものです。文化や言語が違えばなおさらでしょう。会話や身振りのなかには、いろいろなルールやサインがあります。日常会話におけるそうした特徴を分析することから、コミュニケーションを解き明かしていこうという学問を「談話分析」と言います。
 「じゃあ、そのうち食事でも」と言って別れることはよくあるでしょう。でも、「そのうちって、いつですか?」と聞き返す人は少ないと思います。それは、日本人にとっては挨拶に過ぎないからです。でも、相手が外国人だった場合、単なる挨拶と受け取るとは限りません。
 また、アメリカ人は見知らぬ人によく話しかけます。飛行場のチェックインで並んだときに、前の人に声をかけたりするのです。アメリカ人同士がレストランや飛行機のなかで席が隣り合って、話をするということも多いでしょう。そういうときに黙っているのは、アメリカ人にとっておかしいことです。同じ英語を母国語としていても、イギリス人は用もないのに知らない人に話しかけるようなことは少ないでしょう。イギリス人にとってそれは失礼なことだからです。

あいづちの意味

 相手の話を聞いている時、わたしたちはあいづちを打ちます。では、日本人とアメリカ人では、どちらがあいづちが多いと思いますか。日本人はお互い目を見て話す習慣がありません。ですから、そのかわり「あなたの話を聞いていますよ」ということを表現するためにあいづちが多くなるようです。
 一方、アメリカ人からすると、日本人はちょっとあいづち過剰に見えます。でも好意的に見るアメリカ人には、この人はよっぽど自分の話に同意してくれているのだろう、と思ってしまうのです。そのため、双方はあたり前の反応をしているのにもかかわらず、意図が通じず、それが誤解を招く結果となることもあるのです。

1.0倍速 1.4倍速

アイコン

講義を視聴する(1分)

アイコン

講義を視聴する(1分 その2)

アイコン

講義を視聴する(1分 その3)

アイコン

講義を視聴する(30分)

この学問が向いているかも 英語学、談話分析

神田外語大学
外国語学部 国際コミュニケーション学科 教授
ロバート デシルバ 先生

メッセージ

 専門は応用言語学、談話分析、翻訳学。「現実の世界では、文法より談話のルールに通じることの方がコミュニケーションに役立ちます。ただ注意したいのは、母国語の談話のルールを異文化間のコミュニケーションで使うと、トラブルを招くおそれがあるということ。文法や単語や発音が正確でも、談話分析に関する認識がないと誤解が生じることがあるのです」。

大学アイコン
ロバート デシルバ 先生がいらっしゃる
神田外語大学に関心を持ったら

 「言葉は世界をつなぐ平和の礎」という理念の基、世界の言葉と文化を理解し、世界の架け橋となる人材の育成に力を注いでいます。専攻できる言語は、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語。各言語の習得のみならず、その言語の使用地域に関する造詣も深めます。こうして幅広い視野と実践的なコミュニケーション能力を身につけ、世界に羽ばたいてみませんか。

夢ナビロゴ

夢ナビ編集部copyright(c) 2008- Frompage Co.,Ltd. All Rights Reserved.